エフェクターの購入金額まとめ & ご報告

スポンサーリンク
当サイトは広告収益によって運営しており、ページ内のリンクにアフィリエイト広告を含みます。

このブログは「ベースエフェクター研究室」の名の通り、ベースでエフェクターを使ったレビューを記事にするブログとしてスタートしました。
しかし、最近はエフェクターを使う機会(というか演奏の機会そのもの)が激減しており、ブログの更新も滞っています。
2018年4月のブログ開設から5年、今回は一つの区切りとしてここまでを振り返るとともに、今後の方針について書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

管理人の現状について

改めまして「ベースエフェクター研究室」管理人です。
このブログではあまり積極的に自身の素性を書くことはしていませんが、Twitterではわりと節操なく色々書いています。
@yu_pica_orcus

そちらをフォローいただいている方はご存じの通り、私は数年前に障害者手帳を取得し、ここ3年ほどは障害者雇用の契約社員でどうにか食いつないできました。
そのくせ子供が息子ばっかり3人もおり、全くもって生活状況は楽ではありません。
当然、そうそう新しくエフェクターを買うようなこともできません。

当ブログを以前から読んでいただいている方にはお分かりの通り、このブログは、基本的に私が以前所有していたエフェクターのレビュー当時の記録を元に書き残すという記事も多く、それが出尽くしてしまった現状、新たに追加できるネタもなかなかないというのが実際のところです。
また、私は一応バンドに所属しているのですが、コロナ禍以降完全にそちらの動きも停止しており、再開の目途も立っていません。

それに加えて、忙しさからブログを書く時間自体が確保できなくなってきました。
このブログを立ち上げたのは、私が失業し、言ってしまえば暇だった時期のことです。
しかし、大変ありがたいことに、この4月からようやく正社員になることができました。
結果、頭の中を仕事のことが占める割合が上昇し、ブログを書く余力があまりないまま4月が終わってしまった、というのが現在の状況です。

スポンサーリンク

今後のブログ更新について

というわけで、今後新たにエフェクターを購入することはあまりなさそうです。
余裕があるときに何か買うとしたらDTM機材とかになるのではないでしょうか。それも分からないですが。

ブログを更新するにしても、音楽関連のネタであってもエフェクターとは全然関係ない話が増えると思います。
ただ、「ベースエフェクター研究室」というブログタイトルについてはやはり当ブログの中核ではあるので、当面はこのまま残しておきたいです。

スポンサーリンク

エフェクター購入金額について

というところで、ひとまず今回の計算を最後にしようと思います。
まず毎度の通り、2022年4月以降の1年間の更新記事で紹介したエフェクターの購入金額を計算します。
このブログで実際に記事にしたのはVivieのCORAL CHOIRのみですが、他に中国製の安いミニサイズエフェクターで、モジュレーションと空間系の複合機のVALETONのCORAL MDRというやつを購入しています。
ただイマイチだったんだよなコレ。

これまでのルールを踏襲し、合計金額を算出した後、1,000円未満は切り捨てます。
ここまでやってきた金額計算では、パワーサプライやスイッチャーはエフェクター関連として金額に含めますが、アンプは別枠です。
エフェクターボードやケース類、パッチケーブル等の小物や、楽器本体に使った金額は含めません。

2022年4月以降の掲載分は2台、合計金額は34,000円でした。
これにより、これまで当ブログに掲載してきたエフェクター購入の累計金額は以下の通りとなります。

累計
購入台数…144台
合計金額…2,675,000円

開設当初、ブログのキャッチコピーとして「エフェクターに300万円ほどつぎ込んだベーシスト」という文章を掲載していました。
でも結局300万円も使ってなかったね、ということになるんですが、最後なので悪あがきをさせてください。

私はこれまで、定期的に生活苦による機材全売却を経験しています。
そうでなくとも、「新しいエフェクターを買うために別のエフェクターを売り、結局買い戻す」ということも頻繁にやってきました。
思いつく限りでも、エレハモPOG2を3回(4万円×3として12万円上乗せ)、Dimension Blue Mongerに至っては確実なぶんだけで6回(1万円としても6万円上乗せ)買い直しています。

それらを上乗せした結果、安く見積もっても40万円近くは買い直しに費やしていることが確実です。
やった!本当に300万円超えてるぞ!(全然嬉しくない)

というわけでここまでの歩みを数字にして実感してみると、「そのお金があればこんなに苦しい生活せずに済んでたんじゃない?」と突っ込みたくもなりますが、まあエフェクター触ってる時は実際楽しかったですからね。後悔はないです。
というわけで今後はあまり更新できなくなりそうですが、お時間のあるときに時々覗きに来ていただけますと幸いです。
本記事公開に伴い、このカテゴリーの過去記事は削除します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました