【レビュー】Cranetortoise (ALBIT) / HI GAIN DISTORTION HM-1 蛇鉄

スポンサーリンク

15年近く前に所有していたハイゲインディストーションです。
「同じギター用メタルディストーションというカテゴリーでも、ベースにかけると効き方が結構違うぞ」ということを意識するきっかけになった1台です。

昔はALBITのエフェクターはCranetortoiseというブランド名で販売されていましたが、最近はそうでもないですね。

【レビュー】ALBIT / GREAT COMPRESSOR GC-3 MARKⅡ
ALBITの光学式コンプレッサーです。 餅つきうさぎのデザインがかわいい、少し小さめなサイズ感のコンプです。

Cranetortoiseのラインナップには、エビの絵が描かれたABボックス等、ギャグのようなデザインのものがありましたが、ハイゲインディストーションの蛇鉄はその極みともいえるものでした。
なんせ「蛇鉄」→「ヘビ+金属」→「ヘヴィメタル」です。
ただ、音質に強いこだわりが見られるALBITらしく、ベースにかけても低域の分厚さが失われず、不用意に音が引っ込まない、存在感のある歪みでした。
※残念ながらYouTubeに動画はなかったです。

コントロールはGAINとVOLUMEで、トーン調整のできないシンプルなものです。
その代わり、HEAVY METALスイッチというミニスイッチを備えており、これをONにするとミッドスクープのドンシャリサウンドになって、ギターでザクザクとリフを弾くのにぴったりの音が出せます。
ベースではこのスイッチをONにすることはあまりなかったですが、深く歪ませても薄くならない歪みの特性とこのドンシャリスイッチは相性が良く、GAINを上げるとファズっぽさも感じられるバリバリした音が特徴的でした。

このあたりの特性をふまえると、音の質感自体は別物ではあるのですが、ZVEXのBOX OF METALに近いものがあったようにも思います。

【レビュー】ZVEX / BOX OF METAL
今回はギター用のハイゲインディストーションです。 名前だけ見るとよくあるメタルディストーションっぽいですが、こいつは一味違います。 ベースと相性がいいギター用ディストーションとして、これ以上のものを私は知りません。

ギター用の歪みエフェクターをベースにかけると音がスカスカになってしまうことが多いのですが、中にはベースにかけてもバンド内で埋もれない音が出せるものがあります。
蛇鉄は最近はもう中古で見ることも少なく…と思って調べたら、たまたまこの記事を書いたタイミングで中古が出ていました。懐かしい!
変にプレミアがつくようなものでもないので、見つけたら試していただければと思います。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました