【レビュー】MXR / M82 Bass Envelope Filter

スポンサーリンク

MXRのBass Innovationsシリーズから、エンヴェロープフィルターです。
これ、使ってる人多いですね。人気あるみたいです。
実際に触ってみると、その人気の理由がよく分かるエフェクターだと思います。

スポンサーリンク

コントロールの特徴

オフィシャルの動画が一番その特徴が分かりやすいので、まずはこちらを。

コントロールは、DRY、FX、DECAY、Q、SENS.の5つ。
エンヴェロープフィルターの音作りに必要なノブが過不足なく揃っており、この手のエフェクターに不慣れだとセッティングが難しいかもしれませんが、これの使い方を覚えてしまえばフィルター系エフェクターの原理は理解できると言っていいでしょう。

DRYは原音の音量で、FXはエフェクト音の音量です。
MXRのベース用エフェクターはこの構成になっているものが多いですね。
実際にバンドの中で音作りをするときの音量調整がしやすいです。

DECAYは、フィルターが閉じる速さを調整します。
エンヴェロープフィルターは、弾いた音に反応してフィルターが閉じることによって「ワウッ」という音が出るわけですが、コントロールが少ないエフェクターだとディケイが短めに固定されていて、自分で設定できない場合も多いです。
ディケイを短く設定すれば「ピャウ!ピャウ!」というスラップ向きの歯切れのいい音になりますし、長く設定すれば「ピョワウゥーーーン」という音にもできます。

Qはフィルターの効きを調整します。
上げるほどエフェクトが強くなり、ピャウピャウいう部分が強調されます。

そしてSENS.はセンシティビティ、入力感度です。
これは「入力信号に対してどれぐらい敏感に反応するか」という部分なので、ベースの出力に応じて設定する必要があります。

スポンサーリンク

音作りのポイント

音作りの際は、DRYをゼロ、FXを適当な音量にし、DECAYを12時ぐらい、Qを全開、そしてSENS.をぐるぐる回しながら音を出して、一番効果が分かりやすいポイントを探すのが楽です。
そうやって音を作ったうえで、DECAYを好みの長さに設定し、必要に応じてDRYを足していくと、自由自在に音が作れます。

味付け程度の効果から派手なファンクサウンドまで、使えるセッティングは幅広いです。
音量も細かく調整できるので、バンドで使う場合にも扱いやすいと思います。

この機種に足りない点と良い点

正直に言ってしまうと、このM82よりももっと強烈に効くエフェクターは多くあります。
M82は、Qを全開にしてもちょっと効きが軽いというか、低音までグワッとえぐり切るようなフィルターサウンドは出せないので、音のエグさという点ではエレハモのQ-TRONやENIGMA等に軍配が上がります。

【レビュー】Electro Harmonix / Micro Q-Tron
私にオートワウ系エフェクターの面白さを教えてくれたのが、エレハモのMicro Q-Tronです。 この手のエフェクターに関しては正直、「エレハモを使ったら他のメーカーでは物足りない」という方も多いと思います。 シンプルなコントロールは、...
【レビュー】Electro Harmonix / ENIGMA Q-BALLS
個人的にエンヴェロープフィルターの真打ちと思っているエフェクターを紹介します。 歪みを内蔵した、さすがエレハモといった感じのえぐいエフェクターです。 電源はDC9Vアダプター(※専用アダプター付属)、電池駆動不可。

とはいえ、このサイズでこれだけ細かく音色を作りこめるエンヴェロープフィルターはあまりないので、人気があるのも納得です。
「初めてのオートワウにおすすめなのは?」と聞かれたときに、「仕組みを理解して細かく音を作りこみたい」ということであれば、間違いなくこのM82をおすすめします。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました