【レビュー】Electro Harmonix / POG2

エレハモのおもしろエフェクターの代表格、ギターやベースの音を加工してオルガンのような音にできるという、(一部の人にとって)夢のようなエフェクターです。
このエフェクターに手を出したことが、私にとって「ベースで変な音を出す」ということに目覚めた転換点だったかもしれません。
電源はDC9Vアダプター(※専用アダプター付属)、電池駆動不可。

スポンサーリンク

POG2の概要

POG2はデジタルのポリフォニック(和音対応)オクターバーです。
名前も「Polyphonic Octave Generator」の略称です。
ベーシストだとMarcus Millerが足元に置いてたりもしたようです。

「2」とついているのは、エレハモのエフェクターがまだ鉄板折り曲げ筐体だった時期にPOGという旧モデルがあったためです。
White Stripesがギターに使って有名になったのが旧型のPOGですね。

POG2をベースで弾いている動画としてはこちらが分かりやすいです。

このPOG2は、ざっくり言うと上下2オクターブの音を加えることができ、その音にフィルターやデチューンやボリューム奏法のような効果を加えることもできるうえ、8種類のプリセットを保存できるという多機能オクターバーです。
コントロールはたくさんありますが、慣れると案外直感的に操作できます。

スポンサーリンク

コントロールの特徴

まず、左側の「VOICE MIX」というセクションにある5つのスライダー。
左から順番に、ドライ音、2オクターブ下、1オクターブ下、1オクターブ上、2オクターブ上のそれぞれの音量を調整します。
ドライ音のスライダーはおおよそセンター位置でエフェクトOFF時と同じ音量なので、原音の音量をブーストすることも可能です。

次に、右側の「EFFECTS」というセクションの3つのスライダー。
左から順番に、「ATTACK」「LP FILTER」「DETUNE」となっています。

ATTACKは、いわゆるボリューム奏法を再現する、ボリュームスウェルエフェクトの機能。
このスライダーを上げた状態で楽器を弾くと、音量がゼロから「ふわぁーん」と徐々に上がるような挙動になります。
少しだけ上げればアタック音だけを消すようなこともできますが、スライダーを上げすぎると、元の音量以上に音が大きくなります。

LP FILTERはローパスフィルターです。
高音域を削る、楽器本体のパッシブトーンのような効き方だけでなく、ワウの半止めによるいわゆる鼻詰まりサウンドのような、特定の音域を強調する効き方にもできます。

DETUNEは、少しだけピッチをずらした音を加えることで、コーラスのような音揺れを加える効果。
チューニングのときに、音が少しだけずれていると揺れて聞こえるのと同じ原理です。
※ただし、このデチューンは低音側のオクターブ音にはかかりません。

で、これらのパッと見ても分かりそうな機能に加え、POG2にはさらに音色を細かく作り込む機能が備わっています。
それが、「DRY FX」と「Q」という2つのボタンです。

上記のATTACK、LP FILTER、DETUNEのエフェクトは、POG2が生成したオクターブ音には必ず効きます。
一方、原音には、この3つのエフェクトが効くようにも効かないようにも設定できます。
その設定を決めるのがDRY FXボタンです。

DRY FXボタンは、押すたびに上のLEDの色が変わり、以下の順番で切り替わります。
・消灯…3つのエフェクトは全て原音には効かず、オクターブ音にだけ効く
・赤…ATTACKは原音にもオクターブ音にも効くが、LP FILTERとDETUNEはオクターブ音にだけ効く
・緑…ATTACKとLP FILTERは原音にもオクターブ音にも効くが、DETUNEはオクターブ音にだけ効く
・オレンジ…3つのエフェクト全てが原音にもオクターブ音にも効く

これによって、「原音が普通に鳴って、そのあとシンセ風のオクターブ音がフェードインしてくる」とか、「全ての音にエフェクトがかかった弦楽器とは思えないサウンド」等、色々なバリエーションの音が出せるのです。

Qボタンは、フィルターの効きの強さを4段階で切り替えます。
効きが弱いモードだと、いわゆるパッシブトーンに近い挙動ですが、効きを強くすると、シンセサイザーのレゾナンスのように、特定の周波数帯が強調されます。
その仕組みから、この状態でLP FILTERのスライダーを上げ下げすると、ワウペダルのような効果が出ます。

スポンサーリンク

プリセットの使い方

一番右側に8つ並んでいるLEDが、プリセットの選択です。
PRESETノブを回すと保存先のプリセットを選ぶことができ、ノブ長押しで作った音を保存できます。
保存した音を呼び出すには、PRESETのフットスイッチを踏むことで、1~8の順番にプリセットを切り替えることができます。
この各プリセットに「高音オクターブだけ」「低音オクターブだけ」「上下オクターブ全開」「デチューンのみ」のように全く異なる音を作って保存するのもありですし、似たような音色を複数保存しておき、スタジオやライブの音響の加減で使い分ける、というのも便利かと思います。

サウンドの特徴

このPOG2、ベースの低音域でも問題なく検出してくれるうえ、スラップやタッピングにもある程度追従してくるという、かなり優秀なピッチシフターです。
当然ながら、デジタルピッチシフターにつきもののレイテンシー(発音の遅れ)は多少ありますが、最近の類似エフェクターと比較してもかなり反応が速い部類と言えます。

数年前に海外のフォーラムで、「エクスプレッションペダルを繋いで足でLP FITERを動かせる」という改造を施したPOG2を見かけたこともありますし、発売から10年近く経つので、そろそろそんな感じで後継機種のPOG3が出てもいいのでは?と個人的には思っています。
とはいえ、現在においても見た目・音の両方でびっくりさせてくれるエフェクターであることは間違いないでしょう。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました