【レビュー】ZCAT Pedals / Q-MOD 2

スポンサーリンク

以前愛用してたやつの新型機種を購入してみました。
モジュレーションとリバーブを組み合わせて使えるエフェクターです。
電源はDC9Vアダプター、電池駆動不可。

ラトビアのZCAT PEDALSは、リバーブを中心としたデジタルエフェクターをラインナップするメーカーです。
私はここのリバーブの濃密な質感が大好きで、以前旧型のQ-MODを愛用していました。

【レビュー】ZCAT Pedals / Q-MOD
ラトビア共和国のZCAT Pedalsによる、リバーブとモジュレーション(コーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロから1つ選択)の複合エフェクターです。 利便性と「この機種ならではの音」を兼ね備えた一台です。 電源はDC9Vアダプタ...

一度は手放してしまったのですが、今回エフェクターボード小型化のため、モジュレーションと空間系を1台でまかなえるエフェクターを改めて導入しようと考え、せっかくなので新型のQ-MOD 2にしてみました。

コントロールはシンプルで、ダイヤル式セレクターが1つ、ノブが3つとなっています。
セレクターはの4種類のモジュレーション(コーラス・フランジャー・フェイザー・トレモロ)の切り替えです。
そして、DEPTHでモジュレーションの揺れの深さを、SPEEDでモジュレーションの揺れのスピードを調整し、REVERBでリバーブの残響の深さを調整します。

フットスイッチは2つあり、左側のMODのフットスイッチでモジュレーションのON/OFFを、右側のREVERBのフットスイッチでリバーブのON/OFFを行います。
旧型とは異なり、筐体を横向きにすることにより、「2つのフットスイッチでモジュレーションとリバーブをそれぞれON/OFFする」ということができるようになっています。

音に関しては以前も書いた通りですが、私はこのキラキラ感の強いコーラスと、密度が高いながら安っぽさのない絶妙なリバーブが非常に気に入っています。
ONにしたときに音が引っ込む感じも少なく、ベースに使ってもはっきりした効果を得ることができます。

また、パッと見ただけでは分からない便利機能もあります。
このエフェクター、トゥルーバイパスモードとバッファードバイパスモードを切り替えられるようになっているのです。

MODのフットスイッチを押しながらアダプターを指すと、MODのLED(青)とREVERBのLED(緑)がチカチカと点滅したあと、青い方のLEDがピカッと1回だけ光ります。このときはバッファードバイパスモードです。
同じ操作を再度行うと、今度は青と緑がチカチカ点滅したあと、青いLEDがピピッと2回光ります。これでトゥルーバイパスモードになります。
この様子は日本の輸入代理店が動画をアップしています。

どちらを選ぶかは音質の好みやエフェクターの接続順によっても変わってくると思いますが、自分の場合はトゥルーバイパスモード時にフットスイッチをON/OFFしたときの「ボッ」というノイズが気になったので、バッファードバイパスのモードで使っています。
エフェクトOFF時のパイパス音はやはりバッファードの方がシャキッとした音になり、体感上の音量も上がって聞こえます。
なお、トゥルーバイパスモードの時であっても、リレー式のトゥルーバイパスであるためか、エフェクトOFFの状態でアダプターが抜けると音が出なくなります(機械式トゥルーバイパスの場合は電源がなくてもOFF時はドライ音が出る)。

で、購入前に気になっていたのが代理店サイトに書いてある「バッファードバイパス・トゥルーバイパスいずれのモードでもトレイルを保って切り替えができる」という記載です。
要はあの、BOSSのリバーブとかデジタルディレイでおなじみの「エフェクターをオフにしても残響がスパッと切れずに自然に残る」というあれができるという触れ込みなわけです。

ただ、REVERBを全開にしてバッと音を出してサッとミュートして急いでエフェクトをオフにしても、そんなにしっかり分かるほど残響音が残るわけではないようです。
「確かにバサッといきなり残響が切れてるわけではない気がするけど、気がするぐらいの感じだなあ」というところですので、それ目当ての方は注意が必要かもしれません。
もっと残響をしっかり残したいのであれば、以前紹介したOne Controlのブレンダーなどと併用するのがよいでしょう。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

【関連記事はこちらから】
タグ:リバーブ
 タグ:コーラス
 タグ:zcat_pedals

コメント

タイトルとURLをコピーしました