【スローギア系まとめ】ボリューム奏法ができるエフェクター

ボリュームゼロの状態で弦を弾き、そこから音量を上げることでアタック感のないフワッとした音を奏でるボリューム奏法
ヴァイオリンのような音が鳴ることからバイオリン奏法とも呼ばれますが、これは楽器本体のボリュームノブや、ボリュームペダルを使用するのが一般的です。
で、これが自動でお手軽にできる「ボリュームスウェル」などと呼ばれることもあるエフェクターが存在するわけですが、なんとなく調べてみたらまとまった情報が全然見つからなくて腹が立ったので、ちょっと現時点の情報をまとめてみます。

スポンサーリンク

ボリュームスウェルエフェクターについて

「ベースでボリューム奏法なんかするか?」というツッコミに関しては、アンソニージャクソンについて書いたこちらの記事の最後のほうをお読みいただければと思います。
チェロみたいな音になるんで是非ベーシストにも試してみていただきたい。

【エフェクターベーシスト列伝⑥】Anthony Jackson
ジャズの分野におけるエレキベースの表現の幅を押し広げ、後進の多くのベーシストに影響を与えたAnthony Jackson(アンソニー・ジャクソン)。 最近では5弦ベースが当たり前のように一般化し、6弦ベースもさほど珍しいものではなくなりま...

さて、この手のエフェクターの元祖といえばやはりBOSSのSG-1 Slow Gearです。
1979年発売、1982年生産終了と短命に終わりましたが、ボリューム奏法にあまり向かないレスポール系ギターのユーザーを中心に、局所的な人気があったと聞きます。
今回紹介するエフェクターの多くがこのスローギアを元ネタにしており、コントロールの名称こそ違いますが、だいたい「音の立ち上がりのボリューム変化」と「入力感度」を調整できる仕組みになっています。

また、2013年に一旦その歴史を終えた日本のメーカー、Guyatone(※アメリカの企業がブランドを買い取り、現在は復活)も、Slow Volumeという名前のエフェクターを出していました。
こちらも既に新品は流通していませんが、その最終型であったSVm5は、音量レベルやリリース(音量が減退するときの変化の仕方)の調整に加え、入力信号レベルの切り替えスイッチも備えたモデルでした。

ここからは現在でも新品で手に入るものを紹介していきます。

スポンサーリンク

中国メーカーのミニサイズエフェクター

この手のミニエフェクターは探せば同種のものが色々出てくるので、代表的なものを紹介するに留めます。
まずはやっぱりMOOERから、SLOW ENGINEです。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

そして、サウンドハウスで安く買えるものとしてはROWINのSLOW HANDというのもあります。
(これは一度買ってみたことがあるんですが初期不良を引いてしまい、若干おすすめしにくいものではあります。とはいえ何かのついでで試しに買ってしまえる激安価格は魅力です。)

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓
スポンサーリンク

TC Electronic / CRESCENDO AUTO SWELL

BOSSのコピーといえばBEHRINGER、当然のようにSM200 SLOW MOTIONというモデルがあったのですが、これは既に製造されていません。
その代わり、TC Electronic名義でベリンガーの一部製品を再編した「Smorgasbord of Tones」シリーズのラインナップにCRESCENDO AUTO SWELLという後継モデルがあります(※TCは2015年にベリンガーの親会社であるMUSIC Groupに買収されている)。
「安いのでいいけどミニサイズは嫌だ」という方には適した製品ではないかと思います。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

MALEKKO / SNEAK ATTACK

MALEKKOがかつて販売していたミニサイズのOmicron SeriesにもA.Dというボリュームスウェル系のエフェクターがありました。

【レビュー】MALEKKO / A.D
スローギア系というか、いわゆるボリュームスウェルのエフェクターです。 かつてMALEKKOが販売していたミニサイズのエフェクターラインナップ、Omicron Seriesの一台です。 現在は既に流通していないようです。 電源はDC9V...

そのMALEKKOによる多機能ボリュームスウェルエフェクターがSNEAK ATTACKです。
フェードイン・フェードアウト時の音量変化のカーブと時間をそれぞれ独立して調整可能なうえ、入力信号に応じたボリュームスウェルだけでなく、トレモロ(※アームではなく、モジュレーションによって定期的にボリュームが変調するエフェクトの方)としても使用できるほか、フットスイッチの踏み込みによってエフェクトを操作するマニュアルモードも備えています。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

Electro Harmonix / ATTACK DECAY

はい、そして真打ち登場です。
エレハモは過去製品をバージョンアップして復刻することが最近多いですが、このATTACK DECAYもその一つで、なんと和音検出のポリフォニックモードを搭載しています。
これは実際試奏してみると扱いが難しかったですが、「一つの音がずっと鳴っているその音量に影響を与えることなく、和音として鳴らした別の音の音量をスウェルさせる」という、従来のエフェクターでは不可能だった芸当が可能です。
デジタル技術によるものか音の検出も正確で、さらにGain、Tone、Volumeコントロールを備えたファズを内蔵、そのうえ作った音を3種類までプリセットできるというのもかなり強いですね。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

というわけで、スローギアの遺伝子を受け継ぐエフェクターを紹介しました。
思い通りにボリュームを操るならやはりボリュームペダルが一番いいのでしょうが、「微妙に早いタイミングで音を鳴らしつつ足で音量を操作する」というのはやはりなかなか難しいので、このようなエフェクターを使ってみるのも一つの方法かと思います。

【関連記事はこちらから】
カテゴリー:エフェクターランキング/まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました