【レビュー】Sonic Research / Turbo Tuner ST-300 mini

スポンサーリンク

先代の同社製ST-200から全幅の信頼を置くチューナーです。
電源はDC9Vアダプター。
MXRサイズのST-300は9V電池が入りますが、小型版であるminiの方は電池は使えません。

スポンサーリンク

2009年、謎のチューナーの衝撃

旧モデルであるSonic Research ST-200が発売されたのが2009年のこと。
チューニング誤差±0.02centというのは、当時としては異次元のチューニング精度でした。
まだ完全に「バンドマンの足元のチューナーといえばBOSSかKORG」という時代でしたが、ST-200は日本でもエフェクター愛好家を中心に話題となり、私も購入しました。

ただ精度が高いだけのチューナーであれば、たいした話題にはならなかったでしょう。
私も最初は「精度が高すぎるとなかなかチューニングがピタッと決められず、逆にチューニングに時間がかかるのでは?ライブで使うには向かないのでは?」と最初は思いました。

しかし、ST-200はチューニング精度だけでなく、弦を弾いた瞬間にチューナーが反応するという反応速度の速さも特徴でした。
しかも小さい音でも反応するので、音が鳴っている間、ずっとピッチを検出して表示してくれるため、チューニングがとにかく楽になります。
私も長いあいだBOSSやKORGのチューナーを使っていましたが、ST-200には過去のチューナーで感じた不満が一切なく、「チューニングってこんなに簡単に終わるのか!」と驚いたことをよく覚えています。

スポンサーリンク

それまでのチューナーとの圧倒的性能差

こちらが当時話題になった、チューナーの最高峰とされていたPetersonとの比較動画です。
特に衝撃だったのは1:06あたりから。
フレーズを弾いても瞬間的に音名を表示するうえ、最後のスライドまで徹底的に追従するのは圧巻でした。

さらに、チューニングできる音域の検出範囲も広いです。
当時の私のベースはLow Bのさらに下に低音弦を増やしており、最低音はLow F#だったのですが、そのF#開放弦の音程を実音で検出しました。
(※昔はLow BどころかEの検出さえ怪しいチューナーも多かった)

なお、このチューナーはいわゆるストロボチューナーで、チューニングが高いときは時計回りに、低いときは反時計回りに表示がクルクル回転します。
メーターの針のように左右に動く表示にはできませんので、若干慣れが必要かもしれませんが、慣れればこちらの方が判別しやすいです。

A4の基準周波数も440Hz固定ではなく、変更可能です。
また、(自分には縁のない機能ですが)オリジナルチューニングのプリセットができるほか、バズフェイトンチューニングにも対応しているようです。

現行モデルST-300とST-300 mini

ST-200の唯一の不満点は、トゥルーバイパス特有の、スイッチを踏んだときの「ボン」というポップノイズでした。
しかし、2016年に発売された新型機種のST-300とST-300 miniでは、上記の性能はそのままに、フットスイッチが「ガチャッ」というクリック感の強いものから「スッ」と踏める柔らかいものに変更されています。
トゥルーバイパスではあるようですが、ポップノイズには今のところ悩まされていません。

最近だとTC Electronicのチューナーも人気ですが、未だに自分にとってはこれが最強です。
現在は楽器店の店頭で見かけることもあるのではないかと思います。

なお、レギュラーサイズとミニサイズの違いとして、大きい方はチューニング時に音を出すかミュートするかを選択できるのに対し、miniの方はチューニングの際に音が出ない仕様です。
どちらを選ぶかは好みですが、とにかくおすすめのチューナーです。

各通販サイトの価格はこちらからチェック(※miniではないST-300を含みます)↓

【※チューナーの接続順の注意点】

【エフェクター接続順】「チューナーは一番最初」のウソ・ホント
「エフェクターボードの中でチューナーをどこに置くか?」という点について、試行錯誤の末に方向性が見えてきたので、ちょっと記録に残しておこうと思います。 最初に書いておきますが、私自身「これが絶対に正解だ!」と言い切れる結論には至っていません...

コメント

タイトルとURLをコピーしました