【IYV備忘録1】Inyen Vinaとの出会い、オーダー関係のあれこれ

スポンサーリンク

このブログの趣旨からは外れるのですが、Inyen Vina(電話で聞いた発音だと「イニェーン・ヴィーナ」が近い。略称IYV)という楽器メーカーをご存じでしょうか。
多弦やファンドフレット等、マニアックな仕様のギター・ベースが好きな方なら以前から知っていたかもしれませんが、そのIYVを取り扱う日本国内代理店ができたそうです。
私は以前、IYVとちょっとした縁があったので、ネット上にあまり残っていない2016年~2017年ごろの情報について、個人的な備忘を兼ねてちょっと書き残しておこうと思います。

スポンサーリンク

IYVとの出会い

全ての始まりは、2016年1月のNAMM Showでした。
何か面白そうな新機材の情報がないかなと思い、メーカーや楽器店の発信する情報をチェックしていたのですが、開催終盤、ベースマガジン公式ツイッターがこんなツイートをしていました。

「IYVという謎のメーカーの10弦ベースがセールでなんと500ドル!」
あまりバズってはいませんでしたが、どう考えてもめちゃくちゃな破格です。
私はこの楽器に強い興味を持ちました。

とはいえ、ベースマガジンの公式アカウントは質問リプライへの個別回答はしていません。
そこで私は、この「IYV」について自力で調べることにしました。
当時は「IYV」という単語で検索してもほとんど何もヒットせず、情報を集めるだけでも一苦労でしたが、いくつか見つけた断片的な情報を集約してみると、どうやら韓国資本の企業で、正式なメーカー名は「Inyen Vina」であり、会社と工場はベトナムにある、ということが分かりました。
※このとき日本語の情報も少しだけ見つかったのですが、これより以前にIYVブランドの楽器を日本国内に輸入した方は存在するようです。

スポンサーリンク

初めての10弦ベース

こうしてInyen Vinaの公式サイトにたどり着いた私は、英語で「NAMMに出していた10弦ベースは売れてしまったのか?」という内容の問合せメールを送りました。
すると、翌日に「欲しいなら売るよ!482ドルでどう?」というメールが返ってきたのです。
当時1ドル120円ぐらいでしたので、10弦ベースの本体価格が約58,000円!

ケースは付属しませんし、送料がいくらだったか忘れてしまいましたが、私は即座に購入意思を伝え、銀行の海外送金で支払い。
1週間程度で届いた楽器は、作りは値段相応だったものの、初めての超多弦楽器に興奮したことを覚えています。

カスタムオーダーの受付とその後

そして、その後のメールのやり取りの中で、要望に応じたカスタムオーダーも可能であるということが判明し、以下のようなことが確認できました。
・IYVは日本のTanatosの他、アメリカの大手メーカーからアジア・ヨーロッパの小規模メーカーまで、多くの製品をOEM生産している。
・多弦だけでなく、多フレット、ファンドフレット、変形シェイプ等、個人からのオーダーでも様々な楽器を安価に製造できる。

この話に興奮した私は、Twitter上で名の知れた速弾きベーシスト、F氏にコンタクトを取りました。
彼はいつも「ファンドフレットの7弦ベースが欲しい」と言っていましたが、当時はそんな楽器は市場に存在しなかったのです。

そしてしばらくたって、要望通りの7弦ベースが彼の手元に届き、情報が公開されると同時に、「ベトナムのInyen Vinaというメーカーが個人からのオーダーを格安で受けてくれるぞ!」と発表しました。
F氏のツイートが拡散するだけでなく、私のツイッターアカウントも急にフォロワーが増えたので、びっくりしたのを覚えています。
このあたりまでは、過去に運営していた別のブログ(※削除済)で書いたことがあります。

しかし、その後も私はIYVからの新情報をツイートしたりしていたのですが、そのうち以下のような問題が起こるようになりました。

・IYVがオリジナルモデルとして販売していた楽器が、Tanatosがまとめ上げたデザインの流用だと発覚した。
・ブリッジの落とし込み加工をしないと弦高が下げられない等の構造的欠陥を伝えても、一向に改善されない。
・急なオーダーの増加に対応できなくなったためか、仕様の取り違えや品質の低下が発生するようになったうえ、それにもかかわらず突然の値上げが行われた。

正直なところ、これらの問題については日本からオーダーした側にも一因があります。
オーダーしておきながら、楽器が完成してから料金を払わずに放置するような人もいたらしいです。
とはいえ、私の当時のブログやツイッターにクレームを送ってくる人も出てきて、私は精神的に参ってしまいました。

また、私は「特定の楽器を参考にするだけならまだしも、そっくりそのまま模倣したオーダーをするのは先々のことを考えて避けてほしい、やるならせめてこっそり」と注意喚起していたのですが、有名な楽器のデザイン丸パクリのオーダーをしたうえ、SNSに載せたり、すぐにヤフオク等で売却するような人も出てきました。

その他にも様々なトラブルが重なり、私はあるときを境に「もう無理」となってしまい、IYVの話題をシャットアウトしてしまいました。
IYVを製造元とする楽器販売事業を持ちかけられ、途中まで話が進んだこともあったのですが、その件は試作品一本で立ち消えになりました。
現在運営されている代理店とも私は一切関係していません。

とはいえ、短い間でしたが、思い返せば非常に楽しい経験ができたのも事実です。
IYVがきっかけでできた繋がりもたくさんありますし、不具合が出なかった楽器を今でも使っている人をたまに見かけるとなんだか嬉しいです。
今後代理店を通して販売される楽器は、値上がりはするようですが、国内で最終調整が行われ、さらにパーツも安物ではないメーカー品が指定できるようになったと聞いていますので、今後の展開に期待しています。

【2019年7月追記】
残念ながら代理店の業務は終了することになったようです。

【IYV備忘録2】Inyen Vinaのこれまでと現在、Tanatosや代理店の話など
ベトナムに工場を構える楽器製造メーカー、Inyen Vina(IYV)ですが、先日Twitterを眺めていると、その国内代理店であったPenguin Custom Guitar Research(PCGR)が業務を停止するというツイートが流...

コメント

タイトルとURLをコピーしました