【レビュー】MXR / M108 10Band Graphic EQ

MXRの10バンドのグラフィックイコライザー(グライコ)で、グライコ単体機としてはかなりの定番といえるのではないかと思います。
旧デザインの頃から含め、ベーシストのエフェクターボードに乗っているのを見ることも多いです。
電源はDC18Vアダプター(※専用アダプター付属)、電池駆動不可。

スポンサーリンク

10バンドと6バンドの違い

MXRのグライコは、10バンドEQのM108と、6バンドEQのM109の2種類があります。
最初期のものは筐体が青色でしたが、そのあと筐体が黒色になり、スライダーがLEDで赤く光るようになりました。

現在はさらにリニューアルされ、シルバーの筐体に青色LED、ノイズリダクション内臓という現代的な仕様になっています。
型番も現行品はM108S、M109Sと変わっていますが、私が所有していたのは黒色だった時期の「M108」です。
【追記】※2019年、10バンドの方のみ黒の筐体の「M108SE」が限定発売。

ベースにはあえて6バンドのほうを使っている人も見かけます。
省スペースなうえ、一般的な9Vのアダプターやパワーサプライで駆動できるというのもありますが、6バンドと10バンドでは調整できる周波数帯がけっこう違うんですよね。

低いほうから順にこのような感じです。
・6バンド … 100Hz、200Hz、400Hz、800Hz、1.6kHz、3.2kHz
・10バンド … 31.25Hz、62.5Hz、125Hz、250Hz、500Hz、1kHz、2kHz、4kHz、8kHz、16kHz

こうして見ると、当然ながら10バンドのほうが低域・高域とも調整できる音域が広いです。
ただ、10バンドの方は500ヘルツの次が1キロヘルツなのに対し、6バンドの方は400ヘルツと800ヘルツが調整できるので、6バンドの方がベースの中音域の調整に適していると感じる人もいるでしょう。

スポンサーリンク

ベースとの相性

私は両方を比較したうえで、自分の出したい音には10バンドの方が適していると感じましたが、どっちがいいかは楽器との相性も含めた好みの問題になると思います。
個人的には音抜け重視で超低音域をカットすることが多いので、より低い31.25ヘルツという帯域を調整できるのが大きかったです。

ベースで使用している分かりやすい動画がありました。

スポンサーリンク

コントロールの特徴

コントロールは、先述の10バンドのイコライザーに加え、入力レベルのGAINと出力レベルのVOLUMEを個別に調整できます。
これにより、繋ぐ楽器の出力レベルに応じて、出力が大きいアクティブベースなら不用意に歪んでしまわないようにGAINを下げて最終的な音量はVOLUMEで調整する、あるいは逆にGAINを上げ気味にして軽く歪んだような質感を出す、といった細かいセッティングが可能になります。
この機能は6バンドの方にはありません。

これらの細かい調整も含め、一種のアウトボードプリアンプ的にも使える便利なエフェクターです。
通すことによる音質変化が、少し前によく言われていた「アクティブ臭い」という感じの音に近い雰囲気なので、ナチュラルな音を目指す人には少し向かないかもしれませんが、場合によっては下手なベース用プリアンプよりもこっちの方がいいかもしれません。

電源が18V対応なのが少し面倒ですが、プロの使用者も多いだけあって、足元で細かいイコライジングを行うためのエフェクターとして非常に優秀です。
ちなみによくある9Vのアダプターやパワーサプライで動かそうとすると、出力が下がって音に不要な歪みが生じたり、スライダーのLEDが点灯しなかったりしますので、面倒でも18Vで駆動するのがいいと思います。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました