【※未遂】ロングスケールの弦をショートスケールのベースに張るための改造

Ibanezのショートスケール5弦ベースを少し前に安く入手し、色々と改造を加えていたところだったのですが、急遽事情により手持ち機材の大半を売却せざるをえなくなってしまいました。
しかし、この改造のために必要なパーツも手元にある状態なので、最後にスケールが短いベースにロングスケール用の弦を張るための無理矢理な改造方法について記録しておきます。
誰か私の代わりにやってください。

スポンサーリンク

今回のアイデアについて

「ロングスケール用の長いベース弦はショートスケールのベースに張れない」という問題については、以前に書きました。

ショートスケールのベースにロングスケール弦が使えない理由と解決策の案
全ての弦を試したわけでは当然ありませんが、基本的にロングスケール用の弦はショートスケールの短いベースに張れません。 という話をすると、「いや、短い弦をロングスケールのベースに張ろうとしたら長さが足りないのは分かるけど、長い弦は短いベースに...

で、その解決策を考える中で思いついたのが、弦のボールエンドを固定するパーツであるテイルピースボディの裏側に設置し、そこから弦を張るという方法です。

まず、30インチのTMB35に、試しにロングスケール用の弦を乗せてみましょう。
ちゃんと弦の細い部分がペグポストに巻きつくようにしようとすると…

ブリッジからこんなに弦がはみ出してしまいます。

これを解決するには、ボディをひっくり返して、既存ブリッジのちょうど裏側あたりにテイルピースを配置し、そこにボールエンドを引っ掛ければいいわけです。
※実際にボディ裏で固定する必要がある弦(太い部分がペグにはまらない弦)はLow B弦とE弦の2本だけです。

ただし、実際やるならテイルピースを固定する位置はかなり慎重に検討する必要があるでしょう。
「演奏時に足がテイルピースに当たって邪魔なのではないか?」という点も(意外と全く気にならなさそうな感じはしましたが)事前に検証する方がよさそうです。

なお、そのまま弦を張ると巻弦が塗装をガリガリやってしまう可能性が高いです。
その防止のため、低音弦が通せる太さの樹脂製チューブも用意してありました。

スポンサーリンク

用意したパーツ

この改造を検討するうえで、絶対に必要になるパーツがベース用の独立したテイルピースでした。
先に書いた通り、実際にボディ裏で固定する必要があるのはLow B弦とE弦の2本だけなので、別にわざわざ5弦用のパーツを探す必要まではなかったわけですが、せっかくなら5弦用のテイルピースが欲しいと考えました。

そして、色々探した中で思ったより安く入手できたのが、こちらのSTRのパーツです。

STRというか一昔前のBacchusのベースに使われてたやつですね。
バッカス堂(SOAR MUSIC)の通販で購入できました。
ブリッジフルセットではなく、このテイルピース単体でも買うことができるのがありがたいです。

スポンサーリンク

元ネタ

この改造アイデアは一応自分で思いついたことではあるのですが、そのヒントになったのは過去に所有していたNS Designのアップライトベースです。

このアップライト、弦が裏通しになっているのですが、その弦が出てくる穴とブリッジサドルの距離がけっこう近いのが分かるでしょうか?
これは本物のコントラバスと大きく異なる点です。
実際のコントラバスは、駒(ブリッジサドル)からテイルピースまでの距離がもっと長いのです。

NS Designは、ナット~ブリッジサドルのスケールは一般的なアップライトベースと同等なのですが、このコンパクトなボディの構造上、デフォルトの弦は短めの専用弦となっています。
しかし、実はボディ裏側の中ほどにボールエンドを引っ掛ける機構があり、通常の長いコントラバス弦を張ることも可能なのです。
まさに今回やろうとした改造と同じ仕組みですね。

余談ですが、私が使っていたNS Design NXTシリーズのアップライトベースは、同メーカーにおける廉価ラインでありながら十分使えるクオリティで、見た目にはコントラバス感が全然ないにもかかわらず、ボディがデカいだけのしょうもない他メーカー製アップライトベースより遥かに「それっぽい」音が出せました。
指板上に散りばめられたポジションマークや、スタンド固定というのも、邪道に思えるかもしれませんが慣れてしまうとこれ以外使いたくなくなるほど楽です。
「エレキベースをメインにアップライトベースにも挑戦したい」という人には、私は個人的にこれを一番おすすめしています。

あ、少し前にIbanezが出した似たような構造のアップライトがありましたが、アレは音がエレベすぎてダメでしたね。

残念ながら改造は未完のまま終了

というわけで、やるつもりだった改造はまだ残っていたものの、このベースは売却してしまいました。
ブリッジ等のパーツ含め同じ方が買い取ってくださいましたので、どこかで改造を完遂したこのベースが活躍しているのではないかと思います。

【TMB35の改造記録はこちらから】
タグ:TMB35

コメント

タイトルとURLをコピーしました