【レビュー】ToneGeek / ソルダーレスケーブルキット

スポンサーリンク

ここ最近はきっちりエフェクターボードを組むことがあまりなかったのですが、久々にちょっとしたボードを組むことになり、Twitterで知った安いソルダーレスケーブルを購入してみました。
これがなかなか良かったので、このブログで紹介しておきたいと思います。

私は以前、わりと大きめのボードを組んでいた頃にFREE THE TONEのソルダーレスケーブルを愛用していました。

【レビュー】FREE THE TONE / SOLDERLESS CABLE
私は以前、エフェクター同士を接続するパッチケーブルにFREE THE TONEのソルダーレスケーブルを愛用していました。 そのソルダーレスケーブルについて、作り方にコツがあったこと、それに気付かず何度か失敗したことを思い出したので、今回は...

このFREE THE TONE製ソルダーレスケーブルのヒット以降、多くのメーカーがソルダーレスケーブルを発売しましたが、その後各メーカーからストレートでもL字でもどちらでも使えるプラグを採用した便利な商品が登場してきました。
その中で今回購入したのは、低価格なToneGeekの製品です。

Amazonの販売価格はこちらからチェック

人気があるようで、ケーブルとプラグをセットにしたソルダーレスケーブルキットは在庫切れなこともあります。
入荷情報はToneGeekのツイッターアカウントでアナウンスされているので、私は前回の入荷アナウンスが出た際に注文しました。
(写真撮る前に2本作ってしまった。なお予備らしきネジも入っていたのですが、この余分なネジはプラグ内部のケーブルを挿し込む部分に入っていることがあるので、製作時に確認したほうがいいでしょう。)

SL兼用のプラグが12本、CANAREの4mm径ケーブルGS4が3m、そしてケーブルカッターにドライバーまでついているので、このキットだけで6本のパッチケーブルをすぐに作ることができます。
個人的にはケーブルがカナレ製というのがポイント高いです。
付属のカッターは被膜を剥いたりするのにも使えるもの(いわゆるワイヤーストリッパー)ですが、実際に作るうえではそのような作業は必要なく、ただケーブルをカットしてプラグに挿し込んでネジを締めるだけでOKです。

なお、先に販売されていた同じ構成の製品で音造り結(むすび)ソルダーレスケーブルという製品もあります(ケーブルは別物)。
私は見た目がシンプルな方が好きなのでToneGeekを選びましたが、Twitterでは結の方を使っている人もよく見ます。
こちらも音造りのTwitterアカウントで情報発信されていますので、気になる方はチェックされてみてはいかがかと思います。

Amazonの販売価格はこちらからチェック

作り方はいずれも同じで簡単です。
作りたい長さよりも2cmほど長めにケーブルをカットし、プラグにケーブルを挿し込んでネジ留めします。
ケーブルをグリグリッとねじりながらきっちりプラグに押し込むのが失敗しない最大のポイントでしょう。

結の方ですが、作成された方の動画がありましたので貼っておきます。

さて、人によっては「ボード内でどれぐらいギチギチにエフェクターを詰められるか」というところが気になるのではないかと思います。
ノギスで測ってみたところ、プラグのこの部分の厚みが約10.5mmで、かなりコンパクトなイメージがあるFREE THE TONEのソルダーレスとほぼ同じサイズです。
実際に使ってみた感触でも、かなりタイトにボードを組めると言ってよさそうです。

今回作ったToneGeekケーブルですが、安価にもかかわらず不具合はなく、個人的にはかなり満足しています。
CANAREのGS4は柔らかいので取り回しが良いですし、音質にも特に不満はなく、作るのに失敗して接触不良になってしまうこともありませんでした。

なお余談ですが、ソルダーレスケーブルを作るときのテスターとして、私はOne Controlのケーブルテスターを使っています(※使用時には電源としてエフェクター用の9Vアダプターが必要)。
楽器用ケーブルの導通チェッカーとして必要最低限の構造になっており、安いのでソルダーレスケーブルを作成する方は(何かのついでにでも)買っておくことをおすすめします。

もうちょっとしっかりした物がよければ、D'AddarioのPW-DIYCT-01もおすすめです。
こちらはシールドケーブルだけでなく、電源供給のDCケーブルのチェックにも使えます。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

【追記】
と思っていたら同じようなものがもっと安くToneGeekから発売されました。
先にこれが出てたらこっちを買ってたな。
この追記を書いた時点では、さらにお買い得なソルダーレスケーブルとの同梱セットも出ていました。

Amazonの販売価格はこちらからチェック↓

【さらに追記】
ソルダーレスケーブルの人気の高さからか価格競争のようなことも起こり始め、結やToneGeekと同じ構成で、さらに大幅に安いソルダーレスケーブルも出回るようになりました。
Amazonの関連商品で出てくると思います。
ただ、(まあ商品選びに置いて何を重視するか、というのは個人の自由ですが)SNSでの発信内容がちょっと怪しかったり、別の製品の法令違反が疑われていたり、いったい何の商売をしているのか分からないストアから販売されていたりという商品もありますので、そのあたりは基本的に自己責任で選んでいただければと思います。
ToneGeekや結にしたって従来の常識からしたらありえないぐらい安いですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました