【レビュー】Custom Audio Japan / DC・DC Station

小型のエフェクターボードにアナログとデジタルのエフェクターを混在させるうえで必要になるのが、省スペースなアイソレート型パワーサプライです。
そのような機種は意外と少ない中、2020年、意外なところから新たな選択肢が登場しました。
それが現時点におけるCAJの最新型パワーサプライ、DC・DC Stationです。

スポンサーリンク

「独立型」「アイソレート」という言葉

エフェクター用のパワーサプライについては、「アナログエフェクターとデジタルエフェクターを両方ボードに入れる場合、独立型のパワーサプライを使わないとノイズが乗る」ということが広く知られるようになっています。
しかし、「出力が独立(アイソレート)したパワーサプライ」とされている製品でも、実際には物によって内部構造がかなり異なるようで、ノイズを防ぐ性能についてもピンキリです。

とはいえ、メーカーが「独立型」と銘打っているものであれば、少なくとも一定程度はデジタル・アナログ混在によるノイズを防いでくれると考えていいでしょう。
このDC・DC Stationも、サイズ的におそらく簡易的なアイソレートパワーサプライなのではないかと思われます。

スポンサーリンク

AC/DC Stationとの違い

CAJが従来から製造していたパワーサプライといえば、「AC/DC Station」シリーズです。
このシリーズは、一貫して「トランス式のアダプターによって低ノイズを実現」という点を売りにしてきました。

【※トランス式アダプターとスイッチング式アダプターを比較した際の個人的感想はこちら↓】

【実験】パワーサプライの「トランス式」と「スイッチング式」はそんなに違うのか?
最近のエフェクター用電源アダプターや、パワーサプライの付属アダプターはほとんどが「スイッチング式」を採用しています。 で、少し前ですが「昔ながらのトランス式アダプターと現在主流のスイッチング式アダプターは何が違うのか?」という検証をしたこ...

ただ、AC/DC Stationはトランス式アダプターの特性ゆえ、供給できる電流は450mAまで。
さらに、独立式パワーサプライでもないため、デジタルエフェクターを含むエフェクターボードの電源としては不足感がありました。
従来のAC/DC Stationシリーズは、あくまでアナログエフェクターに電源を供給することを前提としたパワーサプライだと言えるわけです。
(※とあるブログが「DC・DC Stationの発売に伴いAC/DC Stationは生産完了」と記載していましたがそれは事実と異なり、そもそもの製品コンセプトから別物といえます)

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

これに対し、スイッチング式のアダプターを採用し、新たに独立式パワーサプライとしてラインナップされたのがDC・DC Stationです。
100mA出力が6口、500mA出力が2口と、合計8台ぶんの電源供給が可能となっています。
(ところで、全ての出力がアイソレートされているという違いはあれど、この出力構成ってFREE THE TONEのPT-3Dと全く同じなんですよね…)

また、500mAポートから出力される電圧がメーターに表示されるのも大きな特徴です。
商品説明には書かれていませんが、このメーター上の出力はジャスト9Vよりも高く、自宅で接続したときは9.57Vと表示されました。

スポンサーリンク

他のパワーサプライから乗り換えた理由

私が直近で使用していたパワーサプライは、Studio DayDreamのスティック型パワーサプライでした。

【レビュー】Studio Daydream / PEDAL AID 3 V3.5
エフェクターボード構築の都合上、パワーサプライを変更しました。 ボードのスペースを有効活用できる、スティックタイプのパワーサプライです。

そこから今回、CAJのDC・DC Stationに変更することにした理由は、より多くのエフェクターに電源が供給できることに加え、実は思ったより省スペースにできることが分かったからです。

DC・DC Stationの本体部分のサイズは、横幅197mm、縦34.2mm、そして高さが27mmですが、側面からDCケーブルを挿すという構造上、実際には縦5cm以上のスペースをとります。
しかも、アダプターを挿す入力ジャック(左端)とDC9V出力ジャックが同じ面に並んでいるため、正しい向きで使う場合はボードへの配置の自由度が意外と低いです。

しかし、このジャック面を上向きにし、せっかくのボルテージメーターが見えなくなるという犠牲を払えば、そのサイズは実質197mm × 27mm。
この立てて置く方式により、占有面積は大幅に小さくできます。
Pedal Aid 3でも215mm × 25mmで出力は6口でしたから、出力が8口あってこのサイズというのはかなりありがたいことです。

また、ノイズ面に関しても今のところ不満はありません。
手持ちのエフェクターの中で、パワーサプライによってはノイズが乗るものがあったのですが、DC・DC Stationではその問題は発生しませんでした。

私も一時期そうでしたが、DC9V出力のうち6つが100mAまでというのは、エフェクターボードの構成によっては「ちょっと足りない」と感じるケースもあるでしょう。
とはいえ、国内のエフェクター関連製品における大御所のCustom Audio Japanが満を持して発売したデジタル対応のパワーサプライというだけあり、性能とサイズ、そして価格のバランスが非常に良いと感じました。
電源はしばらくこれで行ってみようと思います。
※なお、同時に発売された似たような見た目の小さい製品「HUB-6 ver.Ⅱ」は、アダプターの電源を5つに分岐するだけのものですので注意しましょう。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓(※商品名の関係で従来製品のAC/DC Stationが結果に表示されることがある点ご了承ください)

【関連記事】空いたジャックの蓋について↓

【トラブル防止】パワーサプライやエフェクターの空いた口にフタをする
特にライブハウス等の暗い環境において、ジャックがたくさんあるマルチエフェクターの背面にシールドを挿し間違えたり、パワーサプライのインプットジャックではなくアウトプットジャックにアダプターを挿してしまったりして「あれ?音が出ない!」というのは...

コメント

タイトルとURLをコピーしました