【レビュー】Maxon / CP9Pro+ Compressor/Limiter

スポンサーリンク

私は派手に効くエフェクターが好きなもので、正直コンプにはさほどのこだわりが無い時期が長かったのが正直なところです。
しかし、これは一時期かなり気に入って使っていました。
かつてベーシストにも人気が高かった、MAXONのコンプです。

スポンサーリンク

音色の特徴

私がこのコンプを購入したのは、大量のコンプレビューを掲載していた今はなきウェブサイト「コンパクトコンプばか研究室」での評価を見たのがきっかけでした。
このコンプレッサー、ベース用として売られているものではありませんが、コンプにありがちな低音痩せがあまり気にならず、絶妙に気持ちいいコンプレッションが得られます。

ただ、「効きがナチュラル」とか「原音重視」という評判をたまに目にするのはちょっと違うかな?と思います。
いわゆるエンハンサーとかエキサイターのような効果で、高音域に若干ハリッとした質感が加わるので、そこは好き嫌いが分かれる部分かもしれません。
ただ、その音色の変化もあからさまな感じではなく、上品な変化の仕方だと私は感じました。

音色の変化についてはこちらの動画が非常に分かりやすいです。
イヤホンorヘッドホンで聴いてみてください。

スポンサーリンク

コントロールの特徴

コントロールは、THRESHOLD、RATIO、GAINの3つ。
THRESHOLD、スレッショルドは音を圧縮する閾値ですね。
「このラインを超える大きさの信号が入力されたら音を潰す」というラインを設定するもので、時計回りに回すとそのラインが下がることにより、小さい音までコンプがかかるようになります。

RATIO、レシオは圧縮比率で、「スレッショルドに引っかかった音をどれだけ圧縮するか」なので、時計回りに回すとより強くコンプがかかります。
最大まで上げると、スレッショルドで設定したラインより大きい音が出なくなるので、リミッター的に使うことも可能です。
そして、GAINで最終的な音量を調整します。

コンプは効果が分かりにくいものですが、このコンプにはREDUCTIONというLEDがあり、入力レベルに対し3+dB以上圧縮されると光るようになっています。
これによって、ある程度ではありますが、コンプのかかり具合が視覚的に判別できます。

このコンプ、「内部電圧を18Vに昇圧することにより高ダイナミック・レンジを実現」ということのようで、実際に私が当時使っていたアクティブのベースを繋いでも音が変に歪んだりすることなく使用できました。
この絶妙なエンハンス感が気に入るのであれば、ベーシストのためのコンプとしてはかなりおすすめです。
中古なら結構安く手に入ります。

スイッチは踏みにくい

なお、音色とは関係ないところで欠点があって、Maxonの9シリーズはBOSS等と比べるとスイッチが妙に硬くて踏みにくく、ON/OFFに慣れが必要です。
常時かけっぱなしなら問題ないですが、演奏中にON/OFFするならスイッチャーに組み込むのが正解かな、と思います。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました